大阪、北堀江のアートショップ&ギャラリー

「十二季展」

「十二季展」

2011.7/14-7/19 2Fギャラリー

クリックすると大きくなります

参加作家名: あんね・さんじゃがーな 石井麻由美 
かみおひとみ グデラ朝子 くぼたかこ 弥雲智 (五十音順)

月刊「詩とメルヘン」で出会った、6名のイラストレーター描く12の季節。
抒情的で個性的なそれぞれの「季節」をお楽しみください。

共作カレンダーの他、絵本、立体など多彩な作品を展示いたします。

あんね・さんじゃがーな
 富山県 在住。語るも涙の苦悩と挫折の自分の半生を人に語ったところ大受けしてしまったという経歴の持ち主。絵を思いっきり描ける 身分になるべく簿記講師と勉強、不良主婦をしつつ、絵の制作活動中。
http://annelian.sakura.ne.jp/

石井麻由美
 箕面市在住。日本のなつかしい風景を不透明水彩で描くほか、絵本も創作。
最近は、和紙と透明水彩を用いたイラストや絵本も制作しています。

かみおひとみ(上岡睛)
 岡山県出身。高知大学卒業後、愛媛で活動している。イラストでは人物を中心に制作、似顔絵も得意とする。油彩では心象風景などの制作に取り組む。10月に愛媛県松山市ホテル奥道後において個展予定。

グデラ朝子
 京都市立芸術大学日本画科卒。
 幻想的な心の風景のイラストを描いています。 人物を描くのも好きです。

くぼたかこ
 我流でアクリル画を描いています。いつもは猫の絵が多いのですが、
 今年はうさぎ年という事で、何故かうさぎが描きたくなりました。

弥雲智
 1981年山形県酒田市生まれ。酒田市在住。幼い頃より絵を描く事が好きで高校卒業後、絵の道に進む。月刊「詩とメルヘン」に出会ってから絵の方向性が決まり、その後は地元酒田市にアトリエを置き独自の彩色法を研究しながら絵を描き続けている。

ギャラリーレポート

2011.7/16
今は休刊になっている「詩とメルヘン」ですが、大好きな本でした。
取り上げられた作品はどれも紙面いっぱいに印刷され、色合いもやさしく、大事に残しておきたい本でした。

画像の説明

「詩とメルヘン」の本を通じて出会った6名のイラストレーターの方がそれぞれの個性を生かして12の季節を描いて頂きました。

画像の説明

それぞれの作品もたくさん展示していただいています。

画像の説明

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional