大阪、北堀江のアートショップ&ギャラリー

イタクラ ヨウイチ「find」

イタクラ ヨウイチ「find」

2012.6/21-6/26   2Fギャラリー

画像の説明

「こんな世界を見つけてみたい」
そんな思いで描いた作品たちです。

肉筆画とデジタルペイント画を展示します。

イタクラ ヨウイチ

2010 TRANSNATIONAL ART 2010 第ニ回現代美術展 出展
2010 個展「MOMENT」soho art gallery   
2011 TRANSNATIONAL ART 2011 第三回現代美術展 出展
2011 コミックアートフェスタ2011 コミックアート賞 第2回 国際コンペティション
     コミックアート賞受賞 ART HOUSE賞受賞
2011 第12回インターナショナル・イラストレーション・コンペティション
     翔泳社賞受賞
2011 個展「tenderness」soho art gallery
2012 TRANSNATIONAL ART 2012 第四回現代美術展 出展
2012 個展「e•g•g•o 0027 イタクラヨウイチ展 Melody」大雅堂

ホームページ http://www.youichi-i.com/

昨年の大阪総合デザイン専門学校主催のコミックアートフェスタ2011にてART HOUSE賞としても選ばせていただき、今回展示していただくことになりました。

ギャラリーレポート

2012.6.26
この1週間たくさんの方にご覧頂きました。
デジタルだけでなく、手描きの原画もすばらしく、只者ではない!と感じさせられました。

DMになっている作品は、実際には回りにたくさんの生き物がかくれていました。
一部を切り取るというDMも素敵!

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

コミックアートフェスタの総合プロデューサー
である西野昌克さんから展示をご覧戴いて、メッセージを頂きましたのでご紹介させて頂きます。

「イタクラヨウイチの世界とその試み」
今回の個展「find」は、「第二回コミックアート賞国際コンペティション」にてグランプリとなる「コミックアート賞」を受賞した際に、「ART HOUSE賞」をダブル受賞した記念展です。
 その時に応募された「三つ編み(Three knitting)」は、最終審査でも審査員全員の目に停まりました。デジタル作品とは言え、油彩画調の深い色合い、絵本やアニメーションに登場しそうなキャラクター(登場人物)やそのストーリー性などイタクラの真骨頂とも言えます。
 私が最初に彼の作品を観た時に「日本人離れした無国籍な世界観」とあるギャラリストに話しました。つまり場面設定や国籍など特定されておらず、彼の持つファンタジックな世界観が描かれています。そのイメージは、本人の記憶や経験によるものでなく、自然と沸き出して描かれているのには驚かされます。
 ここ数年のイタクラの新作発表は後をたちません。次から次へと新作を発表するイタクラのエネルギーが、観る者を圧倒します。
 今回の「find」は、タイトル通り「発見」ですが、登場人物が見つめる先には、幼少の頃の思い出や時間を体感することができます。
 つまり作者と登場人物と鑑賞者が、同一の時間をインターラクティブに共有する装置となって語りかけて来るのです。
 また、デジタルで出力された背景にアナログ(手描き)を加えるという手法も新たな試みと言えます。複数性とオリジナル性が相互に関係し合うという意味において興味深い作品を発表されています。

2012,6,21

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional