大阪、北堀江のアートショップ&ギャラリー

巽 聖子 「polka-dots」

巽 聖子 「polka-dots」

2011.9/29-10/4   1Fギャラリー
巽 聖子

遠い記憶 愛しいもの
それらを色んな土に混ぜて ゆっくりこねて…小さなものを作っています。
polka-dots(水玉)をテーマに、ワクワクする気持ちを表現できたらな。と、思います。

巽 聖子
1980年  奈良県奈良市に生まれる
2003年  大阪芸術大学芸術学部工芸科陶芸コース 卒業
2003年  陶芸教室えるで(大阪) 講師(~2010年)
2010年  奈良市に移り 制作開始

個展
2009年  〝もくもく ちゅう~〟(ギャラリー風雅)
2011年  〝花とブラウス〟(coma café)

グループ展
2010年  ‘なら’県庁前アート展(奈良県庁舎 中庭芝生広場)
2011年  陶展‐小さなもの‐  (ギャラリー北野坂)
2011年  金の卵展(ギャラリー永井)
他多数

ギャラリーレポート

2011.10/3
小さいころは数学が好きだったという巽聖子さんは、土を混ぜたり、釉薬をいろいろ配合して数の割合の変化で起こる陶芸の世界も楽しんでいらっしゃるようです。

画像の説明

壁の空間も素敵に飾っていただきました。

画像の説明

金の釉薬でアクセサリーを!     
浴衣が大好きなご自分のためにも帯止めを!ネックレスとしてもご使用できます。

画像の説明

画像の説明

何度も釜から出して温度調節して焼かれた陶器は深い色で本当に愛しくなります。

画像の説明

画像の説明

DMになっている花瓶。足先がとっても愛らしいです。

画像の説明


[ 戻る ]

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional