大阪、北堀江のアートショップ&ギャラリー

酒木光輪 『川柳マガジン表紙絵展』

酒木光輪 『川柳マガジン表紙絵展』

2010.9/30〜10/12 6日(水)はお休み ミニブース

クリックすると大きくなります

唯一の川柳総合誌「川柳マガジン」の表紙絵を飾る愛らしい猫達が大集合!!
彼らが表紙に現れたのは、2010年4月号のこと。
描くは表紙初担当、私、酒木光輪。
以来、季節に寄り添った猫達を毎月描くこと描くこと、はや半年。
初めての表紙絵に七転八起しつつも大好きな猫を描けることに幸せを感じながら、
取り組む作者の、くるくる変わる猫の瞳のような画風の変化にご着目!!
呑気で気ままな七匹の猫たちに会いに来て下さい。

ワークショップ開催
「猫お面づくり」

10月11日(月祝日) 13:00〜16:00
   参加費用:2500円(材料費/ドリンク&お菓子付き)

和紙でできたオリジナルの猫のお面に色を付けて、世界でたった一つのお面を作ります。

クリックすると大きくなります

お申し込みは教室スケジュールページのご予約フォームから
、もしくはお電話お願いします。
TEL 06−4390−5151

酒木 光輪 (さかき こうりん)
1986年大阪市生まれ。
京都嵯峨芸術大学短期大学部専攻科、日本画分野卒業。
大学在学中から、日本画材で空想生物と、バイクや車をテーマに制作を続ける。
また、大の猫好きであり彼らをモチーフとした作品も多く描く。
2010年4月号より「川柳マガジン」の表紙を担当。

ギャラリーレポート

2010.10/22ワークショップの「猫お面づくり」が、お客様のご都合のいい日に合わせて本日開催されました。
お一人は理想の黒白の猫ちゃんを!もうお一人は、紫色が大好きなので金色と合わせて、おしゃれ猫ができました。

2010.10/7
今年早々にミニブースで展示していただいた酒木光輪さんが、この半年の間に描かれた「川柳マガジン」の表紙の原画を展示していただいています。

クリックすると大きくなります

描くのに時間がかかるという日本画。
日本画の絵具は、胡粉・岩絵具などを使用されているようです。
天然の貝の殻や鉱物を砕いて作られている日本画の絵具は、その粒子の大きさによって表面の色がきらきらして日本画独特の深みがあります。

クリックすると大きくなります

色に深みが出るのはほかの絵の具に変えがたく、時間がかかっても日本絵の具を使いたいと酒木光輪さんにはこだわりがあるようです。
見る角度によって違った表情を楽しんでいただけます。

クリックすると大きくなります

左側のお月見の風景にはやさしくススキが描かれていますが、見る角度によって見えないので、残念ながら「川柳マガジン」の表紙には、写っていないようです。
でも原画を見る楽しみができますよね。
ぜひお近くでご覧くださいね。

クリックすると大きくなります

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional