大阪、北堀江のアートショップ&ギャラリー

ART HOUSE企画 「妖怪EXPO'11」

ART HOUSE企画 「妖怪EXPO'11」

2011.7/21-7/26 1Fギャラリー
ART HOUSE企画 「妖怪EXPO'11」

※ 23日(土)は2階ギャラリーにて開催のキタマクラライブの為、営業は18時までとなります。

今年の妖怪展はちょっとゆる~くちょっぴり怖い妖怪を箱に閉じ込めて標本箱にしました。
9人の妖怪箱を覗きにお越し下さい。
少しは暑さをしのげるかも・・・ね。

出展作家

アオキカナエ
ウチュウ犬 
沙子
谷田有似
堀としかず
bow
MaikO  
tick'n'tack
wassa

ギャラリーレポート

アオキカナエ
ホラー系まったくダメといいながら参加していただきました。
たくさんの妖怪達が重なり合って楽しそうです~。  

アオキカナエ  

ウチュウ犬
小さな頃から妖怪図鑑を熟読するほどの妖怪好きです。
今回は、「百鬼夜行」をテーマに制作しました。
恐ろしいけどどこかおもしろく、かわいらしささえ感じるそんな者の妖怪たちをどうぞご覧下さい。
(展示パネルより)

ウチュウ犬

沙子
「天の川を流れる」
今回は七夕をテーマに「片輪車」は織姫に、「輸入道」には「牛鬼」を連れた牽牛になってもらい天の川を挟んで対峙させてみました。
(展示パネルより)
和紙に顔彩で描かれています。

沙子

谷田有似
国芳や芳年、若冲の妖怪画や、「百鬼夜行絵巻」が大好きです。
今回は漠。悪夢を食べる獏です。
誰かの夢の中で、あまりにも楽しそうに歌い踊る子鬼たちに、これは悪夢かしらと、楽しくなってしまう漠さんです。
(展示パネルより)

谷田有似

堀としかず
恋が生まれて実るのも、恋が冷めて別れるのも妖怪の仕業だったら面白いなと思い、この作品をかきました。
きっと今も2体の妖怪によって恋が生まれては消えてをこり返しているでしょう。
(展示パネルより)

堀としかず

bow
タイトルは「くちがさけてもおんなのこ。」

bow

作者の分身的キャラクターYUKOが展示パネルでご紹介

bow

MaikO
昔から極度のビビリ&怖がりなくせに妖怪に興味があり、ドキドキしながら妖怪図鑑や妖怪アニメを見てました。
今回描かせていただいた九尾の狐、言い伝えでは恐ろしい妖怪ですが、真逆の優しいイメージで描いてみました。どうでしょう・・・?
(展示パネルより)

MaikO 

tick'n'tack
「山彦/幽谷響(やまびこ)」
”やっほー"と山に向かって叫ぶと”やっほー"と遅れて返ってくる声。
その声は山に棲む妖怪「山彦」のしわざ。(展示パネルより)

tick'n'tack

wassa
くだんです。
件の如しです。
人の頭に動物の頭に動物の身体の方です。(展示パネルより)

wassa

2011.7/22
普段は好んで描くこともない妖怪。
でもでも・・妖怪は昔から気になっているんです!という方達が参加してくださいました。

画像の説明

共通の奥行きのあるフレームを使っていただきました。

画像の説明

奥からみると・・

画像の説明

募集要項

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional